桐朋学園大学 音楽学部 トップ > 学びの特色 > 選択副科

選択副科

専攻として履修している楽器等の他に、選択副科として実技を履修することができます。

 2013年度は約250名の学生が選択副科実技を履修しています。
 履修者が多いのは「声楽」で、教職課程を履修している学生の多くが履修しています。また、現在指揮者として活躍している卒業生には、在学中に副科で「指揮」を履修していた方がたくさんおります。
 

選択科目 (在籍年次にかかわりなく履修できます)

4月の履修登録期間に、申込みをします。

履修することのできる楽器等

ピアノ(必修副科ピアノ単位修得後)
ヴァイオリン
ヴィオラ
チェロ
コントラバス
フルート
オーボエ
クラリネット
ファゴット

ホルン
トランペット
トロンボーン
テューバ
ユーフォニウム
サクソフォン
打楽器
ハープ

チェンバロ(フォルテピアノも含む)
オルガン
リコーダー
フラウト・トラヴェルソ
バロック・ヴァイオリン
バロック・チェロ
バロック・オーボエ
ヴィオラ・ダ・ガンバ
声 楽
指 揮
作 曲

授業形態

個人レッスンで行われます。(週1回30分、ただし声楽は1回20分)

レッスン時間

週1回30分(声楽は20分)のレッスンと年度末(声楽2年目以降及びピアノは前後期末)に行われる試験によって、2単位が与えられます。

受講料

年額 80,000円 (ただし、声楽は 55,000円)

このページのTOPへ

桐朋学園大学