桐朋女子高等学校 音楽科(男女共学) トップ > 専門実技紹介 > ハープ専門

ハープ専門

教養と技術を兼ね備え 歴史あるハープを学びます

古代より人間の歴史とともに発展してきたといわれるハープ。これまでも、そしてこれからも、私たちの音楽に不可欠な楽器なのです。歴史あるハープを演奏する音楽家は、音楽的教養と優れた技術を身につけなければなりません。本校では、個人レッスンはもちろん、アンサンブル、オーケストラなどの合奏教育にも力を入れています。実践的な学びを体感することで、ハープの専門知識をより早く、より深く得ることができます。
 

教員メッセージ

身近にいる先輩から学ぶ それが実践的で役に立ちます

大学生と同じ場所で学べるということは、先輩たちが身近に感じられ、虚飾のない目標を持つことができるということ。基礎的な知識を確立しましょう。そして素晴らしい音楽家の演奏にふれてください。音楽の勉強をする者にとって大切な「良い耳」を持つことができるようになります。

ハープ 篠﨑 史子 先生

卒業生の声

親元を離れるのは不安だったけど 桐朋を選んでよかった

尊敬するハーピストの方々が桐朋出身だったこと、著名な先生方が数多くいる環境で音楽を学べることから、桐朋に憧れていました。大学生や研究生と合同でレッスンをするので、初めはちょっと緊張しましたが、先輩後輩の隔たりなく仲良くなれますし、先輩たちの演奏を聴くことはとても勉強になります。北海道出身なので高校から桐朋に入り、大丈夫なのかと不安もありましたが、この3年間で学べたことは非常に多く、高校から学ぶことを選んでほんとうによかったと思っています。 (ハープ専門・2011年3月卒業)

指導教員

※実技、アンサンブル

篠﨑 史子

※実技、オーケストラ・スタディ

井上 美江子

このページのTOPへ

桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)