桐朋学園 音楽部門 トップ > 新着情報 > 2013年度 > 堤 剛 桐朋学園大学・前学長が文化功労者に選ばれました

堤 剛 桐朋学園大学・前学長が文化功労者に選ばれました

10月25日に政府が発表した平成25年度の文化功労者に、堤 剛 前学長が選ばれました。
文化功労者は、文化の向上や発展に関して、特に功績があった方から選ばれており、本年度は15名が選ばれました。
堤 前学長は、名実ともに日本を代表するチェリストで、世界各地から招かれ、オーケストラとの共演やリサイタルを行っています。2004年4月から2013年3月までの9年間、桐朋学園大学の学長を務めました。1992年には日本芸術院賞、2009年秋には紫綬褒章を受章するなど、これまでの数多くの賞を受賞しております。

堤 剛 前学長

音楽部門

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門