桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(長谷川 潤)

教員プロフィール(長谷川 潤)

長谷川 潤 (はせがわ じゅん)

長谷川潤
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
担当:
トランペット
学位等:
芸術学士

プロフィール

13歳よりトランペットを始め、16歳より、元ベルリンドイツオペラトランペット奏者の田宮堅二氏に師事。桐朋学園大学を経て、ドイツ学術交流協会の給費留学生として、ヴュルツブルグ音楽大学大学院に進み、H.エルプ氏に師事。1994年、日本人トランペット奏者として初めて、ドイツ国家ソリスト資格を得る。1995年に帰国し、読売日本交響楽団首席トランペット奏者に就任する。

読売日本交響楽団とは、ハイドンのトランペット協奏曲、コープランドの「クワイエット・シティ」、ヴィヴァルディの2本のトランペットのための協奏曲など、ソリストとして協演する機会も多く、そのほか、「ブラスアンサンブルジャパン」「ザ・ブラス・プリンシパルズ・ジャパン」のメンバーとしても活躍する。

主な教育研究業績

◆音楽活動
1990年、1992年、1994年のサイトウキネンオーケストラの演奏会に参加。
1996年8月 横浜市緑区の緑公会堂にてリサイタル。
1998年12月 フィリアホールにてリサイタル。

◆受賞
1992年、シュテ―クマン基金によるシュテ―クマンコンクール第3位受賞。
1994年、イタリア・ボルツァーノで行われた金管楽器コンクール第1位受賞。

◆コンクールの審査
第81回、第84回日本音楽コンクールトランペット部門の審査員を務める。

◆CDのリリース
2003年1月 マーラー交響曲第5番、ゲルト・アルブレヒト指揮
他、読売日本交響楽団の録音に多数参加。
2014年11月 「ザ・ブラス・プリンシパルズ・ジャパン」の「GABRIELI」をリリース(CRYSTON)

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門