桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(三瀬 和朗)

教員プロフィール(三瀬 和朗)

三瀬 和朗 (みせ かずお)

三瀬和朗
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
担当:
作曲理論、ソルフェージュ
学位等:
芸術学修士

プロフィール

1970年東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。1975年同大学院修了。1986年パリ・エコールノルマル音楽院作曲科修了。最高位ディプロマ授与。作曲を石桁眞礼生、末吉保雄、平義久、ピアノを伊達純、声楽を瀬山詠子の各氏に師事。1985年第36回ヴィオッティ(ヴェルチェッリ)国際作曲コンクール第一位受賞。デビュー作品に(1971年)ピアノと管弦楽のための<協奏的楽章>(ピアノ本荘玲子、指揮:手塚幸紀、日本フィルハーモニー管弦楽団、於日比谷公会堂)、またヴァイオリン協奏曲「滄海の詩」(第18回 民音現代作曲音楽祭委嘱作品、Vn:ドゥヴィ・エルリ、Hp:篠崎史子、指揮:外山雄三、新日本フィルハーモニー交響楽団)、<ル・タン・プロフォン>ピアノのための(第2回浜松国際ピアノコンクール課題曲委嘱作品)、「凍天の星」などがある。
日本現代音楽協会会員、"OTOの会"会員。1992年から12年間桐朋学園ソルフェージュ部会主任を歴任。音楽教室仙川別科室長。東京芸術大学講師を経て、2007年まで桐朋学園大学音楽学部教授を務め、現在桐朋学園大学客員教授。

「教育研究業績書」のPDFをダウンロードPDFファイル(217KB)

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader が必要です。最新のAdobe Reader はAdobe社のウェブサイトより無料でダウンロード可能です。

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門