桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール (大西 義明)

教員プロフィール (大西 義明)

大西 義明 (おおにし よしあき)

大西義明
所属:
桐朋学園大学
職名:
准教授
担当:
作曲理論
学位等:
コロンビア大学 音楽芸術博士(Doctor of Musical Arts)

プロフィール

作曲家、指揮者。コロンビア大学作曲科修士(Master of Arts)及び博士課程修了。2007年作曲科修士課程(Master of Music)、および2008年アーティスト・ディプロマ(研究科)課程をイェール大学にて修了。学士号をパシフィック大学(米国カリフォルニア州ストックトン市)にて首席で取得。
コロンビア大学では、作曲をファビアン・レヴィ、フレッド・レーダール、トリスタン・ミュライユ各氏に師事。2004年と2008年に札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバルに、作曲コース生として参加。一柳慧、細川俊夫各氏に師事。
作品は、ドイツ・ベルリンのEdition Gravisより出版されている。ニューヨーク・タイムズの批評家アントニー・トマシーニが2010年に『とても変化に富んだ、奇妙に誘惑的な音を引き出す作曲家』と評している。大西の作品は今までに、JACK弦楽四重奏団、ネクスト・マッシュルーム・プロモーション、ニュー・アンサンブル、アスコ・シェーンベルク・アンサンブル、アンサンブル・アンテルコンタンポランなど、数多くの演奏者や団体によって演奏されている。
2011年、ガウデアムス作曲賞(オランダ)を受賞。このほかにもイタリア・チヴィテッラ・ラニエリ財団の招聘により芸術家助成滞在プログラム参加など、幅広い作曲活動を繰り広げている。
大西は指揮者としても活動している。2011年から2013年まで、コロンビア大学オーケストラの副指揮者を務めた他、オランダ・アムステルダムのニュー・アンサンブルと2014年1月に客演指揮者として共演。ニューヨークをはじめ、世界各地の団体を指揮している。同世代の作曲家の作品を数多く初演しており、これらの活動の業績が、パシフィック・ミュージック・フェスティバル20周年記念雑誌に取り上げられている。

大西義明 オフィシャル・サイト (外部リンク)

大西作品の音源が視聴可能 (外部リンク)

大西作品等の映像記録が視聴可能 (外部リンク)

主な教育研究業績

◆ 学術論文

・Between Imagination and Realization: Composers and Metaphysical Spaces
(日本語訳:『想像と実現の狭間で:作曲家と形而上学的空間』) 2015年3月 コロンビア大学博士論文 (論文指導:ジョージ・E.ルイス (George E. Lewis))

◆ その他(研究ノート・報告書・解説・翻訳等)

<通訳>
・アラン・ボナルディ氏 (日仏英) 2014年3月 桐朋学園大学
・ミュージック・フロム・ジャパン招待作曲家 (日英) 2009年〜2012、2015年 コロンビア大学
・細川俊夫氏 (日英) 2010年3月 コロンビア大学

◆ 学会・研究会等での発表・講演等
・自作レクチャー 単独 2014年3月2日 桐朋学園大学
・ガウデアムス音楽週間・セミナー(基調講演・パネル・ディスカッション) 共同 2013年9月 ガウデアムス音楽週間
・研究会プレゼンテーション『マルク・アンドレ作曲『…zu…』分析・発表(原名:Colloquium Presentation: “Analysis of …zu… for string trio by Mark Andre”) 2012年10月 コロンビア大学
・作曲研究発表 (Composition Colloquium) 2012年1月 カリフォルニア州パシフィック大学
・作曲研究発表 2011年 ニューヨーク・マンハッタン音楽院

◆ 音楽活動(演奏会出演・作曲作品発表等)
<作曲家として>
【注釈】
※ = ドイツ・ベルリンの出版社Edition Gravisより出版、もしくは出版契約済。
詳細は http://www.editiongravis.de/verlag/index.php?manu=m153_Onishi--Yoshiaki.html から参照の事。
○ = 「SoundCloud」 http://www.soundcloud.com/yoshiakionishi にて音源公開
 

・○ Ombreuses (2014) 2台のハープのためのミニアチュア
ガウデアムス音楽祭・ハープ・デュオsHARP共同要請作品
初演: 2014年9月14日 オランダ・ユトレヒト ハープ・デュオsHARP

・※Parti… (2012 - 2014) ヴァイオリン・ソロのための
アリ・ストライスフェルド委嘱作品
初演: 2014年4月15日 ニューヨーク アリ・ストライスフェルド vn.

・※○トラムスパースⅠ Tramespace I (2012 - 13)  大アンサンブルのための
財団法人ガウデアムス音楽週間(オランダ)委嘱作品
初演: 2013年9月2日 オランダ・ユトレヒト アスコ・シェーンベルク・アンサンブル
賞:  2014年第24回芥川作曲賞ノミネート

・※○Spargens (2012) トロンボーン・ソロのための
ウィリアム・ラング委嘱作品
初演: 2012年11月16日 ブルックリン ウィリアム・ラング tbn.

・※○Tr (épilogue) (2012, rev. 2014) チェロ・ソロのための
初演: 2012年7月24日 ニューメキシコ州サンタ・フェ パトリック・マグワイヤー vc.

<指揮者として>
・2014年5月 ニューヨーク/ボストン ECCEアンサンブル 客演指揮
  コンサート名『ECCE Integrations』ニューヨークとボストンでコンサート計2回、8曲を指揮する

・2014年1月 オランダ・アムステルダム ニュー・アンサンブル 客演指揮
 コンサート名『An Evening of Today Ⅱ』コンサートホール『Muziekgebouw aan ‘t IJ』にて、自作を含む計3曲を指揮

 ◆ その他の業績(受賞、特許、資格取得等)
・第24回芥川作曲賞(東京) ファイナリスト選出 2014年
・プロジェ・トランプラン委嘱プロジェクト(フランス・パリ) 2012年
・ガウデアムス作曲賞(オランダ・ユトレヒト) 2011年

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門