桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(塚田 健一)

教員プロフィール(塚田 健一)

塚田 健一 (つかだ けんいち)

塚田 健一
所属:
桐朋学園大学大学院
職名:
教授
担当:
音楽学
学位等:
Ph.D.

プロフィール

民族音楽学者。広島市立大学国際学部教授を経て2017年4月より現職。東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了、インディアナ大学大学院人類学科修士課程修了、ベルファスト・クイーンズ大学大学院社会人類学科博士課程修了。Ph.D. 民族音楽学を小泉文夫、アラン・メリアム、ジョン・ブラッキングの各氏に師事。これまで音楽学と人類学の境界領域で、アフリカを中心に台湾山地、パプアニューギニア、沖縄などの音楽文化の研究に従事。国際伝統音楽学会理事、国際アフリカ音楽舞踊センター顧問、ロンドン大学アシュゲート音楽学叢書編集委員、ユネスコ無形文化遺産審査委員、東洋音楽学会会長などを歴任。主著の『アフリカ音楽学の挑戦―伝統と変容の音楽民族誌』(世界思想社、2014)で第32回田邊尚雄賞受賞。その他、アフリカ伝統音楽に関連して坂本龍一氏の「スコラ」プロジェクトにも参加している。

主な教育研究業績

著書

1. Luvale Perceptions of Mukanda in Discourse and Music (University Microfilms International, 1988).
2.『民族音楽概論』(共編著, 東京書籍, 1992).
3.『ムカンダの歌―ルヴァレの秘密結社の音楽』(日本ビクター, 1992).
4. Zambia: The Songs of Mukanda : Music of the Secret Society of the Luvale People of Central Africa (Multicultural Media, 1997).
5.『はじめての世界音楽―諸民族の伝統音楽からポップスまで』(共編著, 音楽之友社, 1999).
6.『アフリカの音の世界―音楽学者のおもしろフィールドワーク』(新書館, 2000).
7.『世界は音に満ちている―音楽人類学の冒険』(新書館, 2001).
8. Cultures sonores d'Afrique II: Aspects dynamiques (共編著, Hiroshima City University, 2001).
9. Cultures sonores d'Afrique III (共編著, Hiroshima City University, 2004).
10. Kenichi Tsukada & Ryuichi Sakamoto Selections: Traditional Music in Africa, schola vol.11 (共編著, エイベックス, 2012).
11.『アフリカ音楽学の挑戦―伝統と変容の音楽民族誌』(世界思想社, 2014).
12.『文化人類学の冒険―人間・社会・音楽』(春秋社, 2014).
13.『アフリカ音楽の正体』(音楽之友社, 2016).

◆学術論文

1. 「台湾山地ブヌン族の口琴と和音唱法の起源」『東洋音楽研究』第45号 (1980) , 1-44頁.
2. “Bamboo Flutes and Iatmul Musical Heterogeneity.” Bikmaus (Journal of Papua New Guinea Affairs, Ideas and the Arts) , vol.4, no.4 (1983), pp.85-92.
3. “Variation and Unity in African Harmony: A Study of Mukanda Songs of the Luvale in Zambia.” In Florilegio Musicale: Festschrift Kataoka Gido zum 70. Geburtstag, ed. Usaburo Mabuchi et al. (Ongaku no Tomo, 1990), pp.157-197.  .
4. “Kalindula in Mukanda: The Incorporation of Westernized Music into the Boys' Initiation Rites of the Luvale of Zambia.” In Tradition and Its Future in Music, ed. Yoshihiko Tokumaru et al. (Mita Press, 1991), pp. 547-551.
5. “The Study and Reception of African Music in Japan.” In Proceedings of the International Conference on African Music and Dance: Problems and Prospects, ed. Kwabena Nketia (ICAMD, 1992), pp.56-67.
6. “Drumming, Onomatopoeia and Sound Symbolism among the Luvale of Zambia.” In Cultures sonores d'Afrique, ed. Junzo Kawada (Institut de Recherches sur les Langues et Cultures d’Asie et d’Afrique, 1997), pp.349-393.
7. “Harmony in Luvale Music of Zambia.” In Africa. The Garland Encyclopedia of World Music, vol.1, ed. Ruth Stone (Garland, 1998), pp.722-743.
8.  “Music and Education: Iatmul.” In Australia and the Pacific Islands. The Garland Encyclopedia of World Music, vol.9, ed. Adrienne Kaeppler (Garland, 1998), pp.257-258.
9. “Japanese Drums Meet African Drums: A Cross-Cultural Study of ‘Phonaesthetic’ Aspects of Japanese and Fanti Music Cultures.” In Intercultural Music, vol.3, ed. Akin Euba and Cynthia Tse Kimberlin (MRI Press, 2001), pp.149-168.
10. “Asafo and Fontomfrom: Conflict and Unity in Fante Society of Ghana.”  In Cultures sonores d'Afrique II: Aspects dynamiques, ed. Junzo Kawada et Kenichi Tsukada (Hiroshima City University, 2001), pp.31-59.
11. 「ハイライフとフォントムフロム―ンクルマの文化政策とガーナ宮廷音楽の変容」『アフリカ研究』第60巻(2002), 41-52頁.
12. “Africa and East Asia.” In The World's Music: General Perspectives and Reference Tools. The Garland Encyclopedia of World Music, vol.10, ed. Ruth Stone (Routledge, 2002), pp.27-39.
13. “Luvale Drumming and Sound Symbolism: An Analysis by Wavelet Transform.” Working Paper Series 3 (Hiroshima City University, 2002), pp.1-17.
14.”Cultural Policy and ‘Copyright’: Nkrumah and Fante Music in Postcolonial Ghana.” In Cultures sonores d'Afrique III, ed. Junzo Kawada et Kenichi Tsukada (Hiroshima City University, 2004), pp.27-52.
15. “Asafo and Fontomfrom as Indices of Social Sentiments among the Fante (Ghana).” In African Perspectives: Pre-colonial History, Anthropology, and Ethnomusicology, ed. Regine Allgayer-Kaufmann and Michael Weber (Peter Lang, 2008), pp.251-272. 
ほか多数.

◆その他

1. 「日本音楽研究における<オリエンタリズム>」『季刊邦楽』第59巻(1989), 66-67頁.
2. 「アフリカ都市音楽における階級性とトライバリズム」『音楽学』第36巻第3号(1991), 194-196頁.
3. 「民族音楽学とナチズム」『大航海』第40号(2001), 10-11頁.
4. 連載「音の旅路」(36回)『あんさんぶる』no.313-348 (1993.1-1995.12).
5. 連載「アフリカ音楽プロムナード」(24回) 『教育音楽 中学・高校版』 no.469-492 (1996.1-1997.12).
6. 連載「続・音の旅路」(111回)『あんさんぶる』no.361-471 (1997.1-2006.3).
7. NHK Eテレ番組「Schola(スコラ) 坂本龍一 音楽の学校 アフリカ音楽編」ゲスト講師として出演(2013.2-3).
8. BSフジ音楽番組「旅する音楽」5回シリーズの制作・監修(2013.3-2015.8).

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門