桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(梅津 時比古)

教員プロフィール(梅津 時比古)

梅津 時比古(うめづ ときひこ)

梅津 時比古
所属:
桐朋学園大学、桐朋学園大学院大学
職名:
学長、教授
担当:
音楽学
学位等:
文学士

プロフィール

早稲田大学第一文学部西洋哲学科卒。1982~83年 ケルン音楽大学を中心にドイツの音楽教育事情を視察・研修。
2004年 著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」で第54回(平成15年度)芸術選奨文部科学大臣賞および第19回岩手日報文学賞賢治賞を受賞。
2009年 NHK制定「日本の100冊」に著書「<ゴーシュ>という名前」が選ばれる
2010年 「音楽評論に新しい世界を開いた」として日本記者クラブ賞を受賞
上記のほか、主な著書に「フェルメールの楽器」「冬の旅 24の象徴の森へ」「フェルメールの音」「音と言葉のソナタ」「耳のなかの地図」「日差しのなかのバッハ」「非日常と日常の音楽」「音をはこぶ風」など。

音楽評論活動のほか、CD、コンサートのプロデュース、内外のコンクール審査員も務める。早稲田大学講師。公益財団法人三井住友火災海上文化財団理事。公益財団法人ジェスク音楽文化振興会理事。公益財団法人福田靖子賞基金理事。公益財団法人アフィニス文化財団専門委員。横浜みなとみらいホール専門委員。横須賀芸術劇場推薦委員など。

「教育研究業績書」のPDFをダウンロードPDFファイル(175KB)

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader が必要です。最新のAdobe Reader はAdobe社のウェブサイトより無料でダウンロード可能です。

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門