桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(安田 和信)

教員プロフィール(安田 和信)

安田 和信 (やすだ かずのぶ)

安田和信
所属:
桐朋学園大学
職名:
准教授
担当:
音楽学
学位等:
芸術学修士

プロフィール

国立音楽大学大学院音楽研究科音楽学専攻修了。杏林大学、国立音楽大学、桐朋学園大学、実践女子短期大学、東京理科大学、立教大学等の講師を経て、2014年4月から現職。主な研究領域はW.A.モーツァルトの音楽を中心とした18世紀の西洋音楽史。演奏会・CD批評や音楽祭の企画等にも携わる。

主な教育研究業績

<著書(すべて共著)>

  • 『現代思想12月臨時増刊 もう一つの音楽史』(青土社、1990年)(執筆と企画協力)
  • 『200CD音楽史を聴く』200CD音楽史を聴く編纂委員会編(立風書房、1995年)
  • 『200CDモーツァルト』 200CDモーツァルト編纂委員会編(立風書房、1997年)
  • 『200CD オーケストラ こだわりの聴き方』200CD オーケストラこだわりの聴き方編纂委員会編(立風書房、2004)
  • 『200CD 交響曲の秘密』200CD交響曲の秘密編集委員会編(立風書房、2005年)

<論文(すべて単著)>

  • 「18世紀における‘ルプリーズ’の用語法について」『国立音楽大学研究紀要第28集』 (1994年)185-194
  • 「W.A.モーツァルトのオーボエ・パートにおけるcis’/des’」『モーツァルティアーナ――海老澤敏先生古稀記念論文集』(東京書籍、2001)109-115
  • 「古典派と具体的描写―ハイドンの機知が秘められた《天地創造》」『フィルハーモニー』(77巻12号, 2005)36-42
  • 「知られざる古典派」『フィルハーモニー』(77巻11号, 2005)45-47
  • 「モーツァルトとミヒャエル・ハイドン」『フィルハーモニー』(78巻2号, 2006)53-55
  • 「モーツァルトの《プラハ》とベートーヴェンの《第2》――緩徐導入部と影響の問題」『国立音楽大学研究年報第19集』(2006)211-230
  • 「モーツァルトの《プラハ》とベートーヴェンの《第2》――主要主題の修辞的形式と目的論的終結」『国立音楽大学研究年報第20集』(2007)217-136
  • 「F.X.ニーメチェクの『モーツァルト伝』における家郷性について」『新モツァルティアーナ――海老澤敏先生卒寿記念論文集』(音楽之友社、2011年)418-425
  • 「W.A.モーツァルトの‘再現部’における再配列Reorderingについて」『音楽学』(58巻2号, 2012)122
  • 「モーツァルトのクラヴィーア様式 : 独奏ソナタの楽譜を中心とする種々」『国立音楽大学音楽研究所年報第25集』(2013年)123-127

<その他>

  • ロビンズ・ランドン編『モーツァルト大事典The Mozart Compendium』 共訳(平凡社、1996年)
  • ザスラウ、カウデリー編『モーツァルト全作品解説辞典The Compleat Mozart』共訳および監役補助(2006年、音楽之友社)

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門