桐朋学園大学 トップ > 学びの特色 > 副専攻制度

副専攻制度

本学の卒業生には、在学中に副科で履修していた専攻で活躍している人が多数います。
 この「副専攻制度」は、「副科実技」よりもより高いレヴェルで学ぶことができる制度です。

副専攻制度について

副専攻制度の主旨

入学時に選択した専攻の他に、「副専攻」として主専攻と同等のレヴェルで「専攻実技」を学ぶことができる制度です。4年次には主専攻と同様の卒業試験を課し、副専攻修了要件として必要な科目を修得すると、卒業時に「副専攻修了証」を発行します。

履修期間

履修にあたり、履修登録可否を判定する試験を課します。
試験合格者は1~3年次のいずれの年次からでも履修登録することができます。
ただし、年次試験の成績によっては次年度履修できない場合もあります。

「副専攻」修了要件として必要な履修科目

選択科目 必修科目
専攻 第1・2年次 第3年次 第4年次 履修年次を
指定しない必修科目
ピアノ 専攻実技 1
専攻実技 2

専攻実技 3
KBS

専攻実技 4
卒業試験
KBS
ピアノ演奏法
弦楽器 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3 専攻実技 4
卒業試験
弦合奏Ⅰ
オーケストラ
管楽器 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3 専攻実技 4
卒業試験
管アンサンブル
ウインド・オーケストラ
打楽器 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3
打アンサンブル
専攻実技 4
卒業試験
打アンサンブル
打基礎講座
オーケストラスタディ
ハープ 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3
ハープオーケストラスタディ
ハープアンサンブル
専攻実技 4
卒業試験
ハープオーケストラスタディ
ハープアンサンブル
古楽器 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3
古楽アンサンブル
音楽文献学
専攻実技 4
卒業試験
古楽アンサンブル
通奏低音Ⅰ・Ⅱ
総合演習Ⅰ・Ⅱ
音楽史Ⅰ・Ⅱ
声 楽 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3
声楽アンサンブル
専攻実技 4
卒業試験
声楽アンサンブル
ディクション
(2カ国語)
作 曲 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3 専攻実技 4
卒業作品
作曲法演習
指 揮 専攻実技 1
専攻実技 2
専攻実技 3
合奏
専攻実技 4
卒業試験
合奏
スコアリーディング
音楽学 専攻演習
音楽文献学
楽書講読
専攻演習
論文指導
卒業論文
楽書講読
音楽理論(分析)20~23
総合演習Ⅰ・Ⅱ
音楽史各論XVII、XVIII
音楽史Ⅰ・Ⅱ

副専攻受講料

年額 160,000円

副専攻の履修例 (2018年度)

2018年度は25名が副専攻を履修しています。副専攻履修には、以下のような例があります。

  • 主専攻・ピアノ & 副専攻・声楽
  • 主専攻・ピアノ & 副専攻・作曲
  • 主専攻・ピアノ & 副専攻・音楽学
  • 主専攻・弦楽器(ヴァイオリン) & 副専攻・弦楽器(ヴィオラ)
  • 主専攻・管楽器(フルート) & 副専攻・声楽
  • 主専攻・管楽器(フルート) & 副専攻・古楽器(フラウト・トラヴェルソ)
  • 主専攻・管楽器(クラリネット) & 副専攻・声楽
  • 主専攻・打楽器(パーカッション) &副専攻・作曲
  • 主専攻・声楽 & 副専攻・音楽学
  • 主専攻・作曲 & 副専攻・弦楽器(ヴァイオリン)

副専攻の魅力

 Kさん (「ピアノ」を専門としながら、副専攻として「声楽」を履修)

ピアノと声楽、どちらも100%の力で取り組んでいます

高校1年の時にピアノ専門の必修科目であった独唱の授業を受け、歌の面白さを知りました。それで高校2年から副科で声楽の履修を始めたのですが、もっと本格的に勉強したいと思い、進学前に試験を受けて大学1年から声楽を副専攻としました。ピアノと合わせると週に2回レッスンがあるので、日々の練習も大変ですが、50%ずつという姿勢では声楽専攻の人と同じレベルまで行けないので、ピアノも声楽も100%という気持ちで取り組んでいます。声楽を学ぶことで新しい知識が増え、音楽の世界観が随分と広がったと思いますし、ピアノのレッスンでは「旋律の歌い方が上手くなった」と褒められました。桐朋の魅力はたくさんありますが、私にとっては副専攻という制度もその一つに挙げられます。二つの分野を全力で学ばせてもらっているので、その両方を活かせる音楽の教職に就くことがいまの目標です。

このページのTOPへ

桐朋学園大学