桐朋学園大学 トップ > 大学概要 > 学部長メッセージ

学部長メッセージ

学部長メッセージ

桐朋学園音楽部門は、戦後間もない1948年に「子供のための音楽教室」を開設して以来、高校・大学・大学院一体で音楽教育を展開し、演奏家や教育者の育成、音楽文化の創造に貢献してまいりました。

創立から70年の今日、世界は20世紀には想像もつかなかった変化の最中にありますが、音楽部門の礎を築いた斎藤秀雄先生や井口基成先生、教員や卒業生が培ってきた精神は、桐朋のキャンパスになお、色濃く息づいています。早朝から夜遅くまで解放されている練習室には、日々懸命に研鑽を積む学生の姿があり、校舎内ではオーケストラやアンサンブルなど様々な音色が絶え間なく響いています。演奏者達は、ときに自らの論を戦わせながら音楽を深め、生涯にわたる友情を育みながら、世界へ活躍の場を広げています。

母校で教鞭をとる立場となった私も、学生たちと同じく、より良い音楽を探す道の途上にあります。聴く者に勇気や希望、安らぎを与える音楽の力は、演奏者として活動している私にとっても、日々新たな発見に満ちたものです。現代はともすれば、心の価値を置き去りにしがちな激動の時代です。だからこそ、このようなすばらしい音楽の力を通じ、桐朋学園音楽部門が社会に貢献し、学生ひとりひとりの個性・人間力を育む場であり続けられるよう、全学体制で努力を尽くしたいと決意を新たにしています。

学部長_小森谷泉

学部長 小森谷 泉
Photo S.IMURA

建学の精神

本学は建学の精神に以下の3点を掲げています。

  • 自由で豊かな感性を持つ個性ある音楽家の育成
  • 音楽教育による社会貢献
  • 世界における音楽文化の創造

このページのTOPへ

桐朋学園大学