桐朋学園大学 音楽学部 トップ > 新着情報 > 2012年度 > 桐朋学園大学の次期学長について

桐朋学園大学の次期学長について

堤 剛 学長の平成25年3月任期満了を控え、次期学長の選考手続きを進めておりましたが、平成25年4月1日就任予定の次期学長を決定いたしました。

平成25年1月26日
桐朋学園大学

次期学長予定者

■ 氏名梅津 時比古 (うめづ ときひこ)
■ 年齢: 64歳
■ 就任日: 平成25年4月1日

 

学歴
昭和46年 早稲田大学文学部西洋哲学科卒業

梅津 時比古

職歴
昭和46年 毎日新聞社東京本社編集局入社
昭和57年 ケルン音大の歌曲伴奏科を中心にドイツの音楽教育を1年間研修
平成14年 毎日新聞社東京本社学芸部専門編集委員(現在に至る)
平成16年 早稲田大学非常勤講師を兼務(現在に至る)
平成22年 桐朋学園大学特任教授を兼務(現在に至る)
主著
平成3年
単行本「音をはこぶ風」(音楽之友社)刊行
平成4年
単行本「非日常と日常の音楽」(音楽之友社)刊行
平成6年
単行本「日差しのなかのバッハ」(音楽之友社)刊行
平成7年
単行本「耳のなかの地図」(音楽之友社)刊行
平成9年
単行本「音と言葉のソナタ」(音楽之友社)刊行
平成14年
単行本「フェルメールの音」(東京書籍)刊行
平成15年
単行本「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」(東京書籍)刊行
平成17年
単行本「ゴーシュという名前」(東京書籍)刊行
平成18年
単行本「天から音が舞い降りてくるとき」(東京書籍)刊行
平成19年
単行本「冬の旅 24の象徴の森へ」(東京書籍)刊行
平成21年
単行本「フェルメールの楽器」(毎日新聞社)刊行
受賞歴
平成16年 第54回(平成15年度)芸術選奨文部科学大臣賞/著書「<セロ弾きのゴーシュ>の音楽論」により
平成16年 第19回(平成15年度)岩手日報文学賞賢治賞/著書「<セロ弾きの ゴーシュ>の音楽論」により
平成22年
日本記者クラブ賞(平成21年度)/音楽批評・音楽エッセイに新しい世界を開いたことにより
その他
三井住友文化財団理事、ジェスク音楽文化振興会理事、福田靖子賞基金理事、アフィニス文化財団専門委員、
横浜みなとみらいホール企画委員、横須賀芸術劇場アーティスト推薦委員等を兼務

以上

お問い合わせ
事務局 総務部 総務課
Tel:03-3307-4101
お問い合せ時間(日・祭日は除く)
月~土:午前8時30分~午後5時45分

大学

このページのTOPへ

桐朋学園大学