桐朋学園大学院大学 トップ > 公開授業

公開授業

2019年度 桐朋学園大学院大学 公開授業受講案内

特別企画講座

受講無料/富山キャンパス210室

<授業日と講義内容>
第1回  6月21日(金)14:00~16:00

担当教授:三浦 雅士(桐朋学園大学院大学 特別招聘教授)
講座名:「音楽の起源、舞踊の起源」

第2回  10月10日(木)13:00~14:30
担当教授:梅津 時比古(桐朋学園大学院大学 学長)
講 座 名:「シューベルト《菩提樹》の聴き方」

 

西洋音楽概論

担当/新垣 隆(桐朋学園大学院大学 特任教授/作曲家)
受講無料/富山キャンパス210室

<授業趣旨>
テーマ 「ソナタ形式」の誕生と死
クラシック音楽とは何かという問いには様々な答えが考えられ得るが、ここでは「ソナタ形式というものを編み出し(てしまっ)たヨーロッパ文化」という見地から「西洋音楽史」の概観及び検証を試みる。

この問い立ては19世紀近代の検証のひとつの方法として有効であり、それは取りも直さず現在の私たちの「市民社会」を照らし出すものである。各自のそれに対する回答のヒントの材料となれば、と思う。

<授業日と講義内容>
第1回  5月18日(土)14:00~15:40
「器」としてのソナタ形式ーロマン派①
・ショパン:ピアノソナタ 第3番 第1楽章 (1844)
・パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章 (1826)

第2回  6月22日(土)14:00~15:40
ソナタ形式の「成立」ー古典派
・モーツァルト:アダージョ (1788) ・ハイドン:ソナタ (1779)
・C.P.E バッハ:ソナタ (1744)   ・バッハ:フランス組曲 (1720年代)

第3回  7月6日(土)14:00~15:40
「器」としてのソナタ形式ーロマン派②
・ブラームス:交響曲 第2番 第2楽章 (1877)
・ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 第1楽章 (1895)
・チャイコフスキー  交響曲 第6番「悲愴」第1楽章 (1893)

第4回  9月28日(土)14:00~15:40
ソナタ形式の「母胎」ーバロック
・バッハ:管弦楽組曲 (1720年代)
器が溶けはじめる時ーロマン派③
・シューベルト:交響曲 第8番「未完成」(1826)

第5回  10月12日(土)14:00~15:40
器が溶けはじめる時ーロマン派④
・リスト:ピアノソナタ (1853)
「器」としてのソナタ形式ーロマン派以後
・ベルク:ピアノソナタ (1906)
・バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章 (1938)

第6回  11月30日(土)14:00~15:40
ソナタ形式の「崩壊」①
・マーラー:交響曲 第7番 第1楽章 (1907)       

第7回  12月6日(金)19:00~20:40
ソナタ形式の「崩壊」②
・マーラー:交響曲 第7番 全楽章

第8回  2020年1月18日(土)14:00~15:40
ドビュッシーの場合
・ドビュッシー:交響詩「海」(1905)

 

参加者多数の場合は受講をお断りすることがございます。あらかじめご了承ください。

※上記予定は変更になる場合もありますので最新情報については下記までお問い合わせください。
お問い合わせ: 桐朋学園音楽部門 富山キャンパス事務部 教学課   TEL: 076-434-6800

※上記は本学の授業の一環として行っております。
マナーをお守りいただけない方のご入場は固くお断りいたします。

演奏会情報

公開授業

  • オーケストラ・アカデミー演奏会
  • 情報公開
  • 教員紹介
  • 学校説明会
  • 学生支援・進路就職
  • 大学認証評価

このページのTOPへ

桐朋学園大学院大学