桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(姫野 雅子)

教員プロフィール(姫野 雅子)

姫野 雅子 (ひめの まさこ)

姫野 雅子 写真
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
担当:
情報処理、マルチメディア
学位等:
工学博士

プロフィール

1984年にお茶の水女子大学理学部生物学科を卒業し、同大学理学研究科生物学専攻修士課程に進学、1986年に修了する。2013年に北海道大学大学院工学院博士課程人間機械システムデザイン専攻に入学、2017年に学位(工学)を取得。1986年4月より桐朋学園大学ならびに桐朋女子高校音楽科に勤務する。2002年からは理化学研究所情報基盤センターの研究員として生体シミュレーションチームに所属し現在に至る。研究テーマは、血管形状の決定要因を流体数値計算と遺伝的アルゴリズムを用いて解明することである。情報処理学会、人工知能学会、日本機械学会、進化計算学会に所属する。

学術論文

(1)姫野雅子,姫野龍太郎
 「多峰性問題のDeterministic Crowding法適用における初期世代の交叉と突然変異の影響」
  情報処理学会論文誌,Vol.43,pp54-62,2002

(2)姫野雅子,姫野龍太郎
 「多峰性問題での大域的最適解と局所最適解探索のためのニッチング法」
  電子情報通信学会論文誌,Vol.85,DI pp1015-1027,2002

(3)Masako Himeno and Ryutaro Himeno
  “The Niching Method for Obtaining Global Optima and Local Optima in Multimodal Functions”
  Systems and Computers in Japan, Vol.34, pp30-42, 2003

(4)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  "Parallel computation of GA search for the artery shape determinants with CFD"
  IOP Conference Series: Materials Science Engineering, Vol.10, 2010

(5)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎,但野茂:
  頸動脈分岐部に関与する流体力学的要因の影響度推定への血流解析計算と多目的最適化の適用,
  Transaction of the Japan Society for Simulation Technology,Vol. 8 (2016) No. 2 p. 73-84

(6)Himeno,M., Noda S., Fukasaku, K., Himeno, R. and Tadano, S.:
   A method to evaluate relevance of hemodynamic factors to artery bifurcation shapes using computational fluid dynamics and genetic algorithms,
  JSME Mechanical Engineering Journal, (2017) Vol.4, No.3, pp. 1-15

学会発表

<国際会議>

(1)Masako Himeno, Shigeho Noda, Ryutaro Himeno and Kazuaki Fukasaku
  "Application of genetic algorithm to prediction of artery geometry"
  5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference 2007

(2)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  "CFD analysis of determinant for carotid artery geometry"
  IV International Congress on Computational Bioengineering 2009

(3)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  “CFD Analysis of Fluid Dynamic Determinant for Artery Bifurcation Geometry”
  9th World Congress on Computational Mechanics 2010

(4)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  “Application of CFD and Genetic Algorism Investigation of Fluid Dynamic Determinant for Artery Bifurcation Geometry”
  10th World Congress on Computational Mechanics 2012

(5)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  “Application of CFD and Genetic Algorism Investigation of Determinants of Carotid Artery Bifurcation Shapes”
  15th International Conference on Biomedical Engineering 2013

(6)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku and Ryutaro Himeno
  “Application of CFD and Genetic Algorism Investigation of Fluid Dynamic Determinant for Artery Bifurcation Geometry”
  Joint Workshop on Bio-inspired Engineering and Bio-supercomputing 2014

(7)Masako Himeno, Shigeho Noda, Kazuaki Fukasaku, Ryutaro Himeno and Shigeru Tadano
  “Application of Computational Fluid Dynamics and Genetic Algorithms to Investigate effectiveness of hemodynamic factors to determine abdominal aortic bifurcation shapes”
  Eighth Asian-Pacific Conference on Biomechanics, 2015

<国内>

(1)姫野雅子,野田茂穂,姫野龍太郎,深作和明
  「血管形状決定機構解明への遺伝的アルゴリズムの適用」
  第20回 数値流体力学シンポジウム,講演要旨集p145,2006

(2)姫野雅子,野田茂穂,姫野龍太郎,深作和明
  「血管形状決定機構解明への遺伝的アルゴリズムの適用」
  理研シンポジウム,講演要旨集pp.24-29,2007 (別刷りを添付)

(3)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎
  「頸動脈分岐部形状決定要因のCFDによる解析」
  第22回 数値流体力学シンポジウム,講演要旨集p86,2008

(4)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎
  「遺伝的アルゴリズムによる血管形状の血流への適応の研究」
  進化計算シンポジウム2010

(5)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎
  「遺伝的アルゴリズムによる血管形状の血流への適応の研究」
  第34回日本バイオレオロジー学会 2011年6月4日(土) 関西大学

(6)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎
  「血管の適応要因探索へのMOGAの適用」
  進化計算シンポジウム2011

(7)姫野雅子,野田茂穂,深作和明,姫野龍太郎,但野茂
  「遺伝的アルゴリズムと血流解析による頸動脈分岐部形状に関与する流体力学的要因特定」
  日本機械学会 第11回最適化シンポジウム2014

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門