HOME > 教員紹介 > 教員プロフィール(腰越 満美)

教員プロフィール(腰越 満美)

腰越 満美 (こしごえ まみ)

腰越満美
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
担当:
声楽
学位等:
学位なし(東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了)

プロフィール

東京都出身。東京コンセルヴァトワール尚美ディプロマコース修了。
二期会オペラスタジオ修了。修了時最優秀賞及び川﨑靜子賞受賞。
文化庁オペラ研修所修了。文化庁芸術家在外派遣研修員として2年間、イタリアにて研修。
第3回日本声楽コンクール入選。
95年フェッルッチョ・タリアヴィーニ国際コンクール第1位。
98年、二期会公演『フィガロの結婚』にスザンナ役で注目を浴び、新国立劇場には、97年劇場オープニング記念オペラ『建・TAKERU』に夏乃役、99年『天守物語』に萩役で出演。2002年は1月二期会・新国立劇場共催公演『忠臣蔵』に綾衣役で出演。日韓文化交流公演オペラ『春香』のタイトル・ロールでも絶賛された。以後、大きな当り役となった、二期会オペラ『蝶々夫人』(指揮 小林研一郎 演出 栗山昌良)のタイトル・ロール、04年1月二期会・新国立劇場共催公演『鳴神』雲の絶間姫と次々と大舞台の主役を務め宮本亜門演出 二期会公演『ドン・ジョヴァンニ』で新しいドンナ・エルヴィーラ像を創り上げ、続く『フィガロの結婚』の伯爵夫人でも新境地を拓く。
07年は『メリー・ウィドー』のハンナや『天国と地獄』のユーリディスなどに主演し好評を博す。
09年2月、日本オペラ協会『天守物語』に主演、6月には二期会week in サントリーホール“時を駆ける歌声”服部克久が贈るにほんの歌の旅(サントリーホール ブルーローズ)で多彩な魅力を発揮する。 国外の公演にも頻繁に出演し、05年夏、中米・コスタリカ国立交響楽団によるオペラ公演『蝶々夫人』タイトル・ロールで招聘され、熱狂的な成功を収め、地元各紙から絶賛された。イタリアでは96年『愛の妙薬』アディーナ、97年『アンドレア・シェニエ』マッダレーナ以降、イタリア、オーストリアの各地でリサイタル、コンサートに出演し活躍。
コンサートではシューベルト「Gdurミサ」、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、ペルゴレージ「スターバト・マーテル」、フォーレ「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」、ハイドン「ネルソン・ミサ」等のソプラノ・ソロを歌う。また、読売日響「ピーター・グライムズ」〔演奏会形式〕、東京交響楽団「利口な女狐の物語」〔演奏会形式〕など、数々の注目の舞台に出演。06年11月、ベトナム国立交響楽団に招聘され、橋本国彦作品を紹介する。NHK総合「日本うた絵巻」「NHKニューイヤーオペラコンサート」等、テレビやラジオにも数多く出演し各方面より注目を集めている。 自身の企画によるジャズ・ポピュラーのみのリサイタルを開催するなど、多彩な才能を発揮している。
2008年10月、紀尾井ホール・シリーズ「歌」声楽家のアトリエ、第23回国民文化祭・いばらき「小町百年の恋」(世界初演・つくば市)小野小町役、11月、民音主催で、映画音楽からミュージカルの名曲を歌う「マイ・フェイヴァリット・ソング」(東京文化会館小ホール)等、さらなる活躍を続けている。

主な教育研究業績

「主な教育研究業績」のPDFをダウンロードPDFファイル(553KB)

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門