桐朋学園 音楽部門 トップ > 教員紹介 > 教員プロフィール(宮本 益光)

教員プロフィール(宮本 益光)

宮本 益光(みやもと ますみつ)

宮本益光
所属:
桐朋学園大学
職名:
准教授
担当:
声楽
学位等:
博士(音楽)

プロフィール

東京藝術大学卒業。東京藝術大学大学院博士課程修了。友愛ドイツ歌曲コンクール学生の部第一位。奏楽堂日本歌曲コンクール奨励賞受賞。第69回日本音楽コンクール入選。国際モーツァルトコンクール派遣者選考会にて優秀賞受賞。藝大在学中に「よんでん文化振興財団奨学生」に選ばれる。2005年「テレビ愛媛賞25」、2009年「よんでん芸術文化奨励賞」をそれぞれ受賞。

主な教育研究業績

◆学術論文
オペラの日本語訳詞、その方法論 単著 2005年 東京藝術大学大学院
ジーバー「8小節からなる36曲のヴォカリーズ集」の研究と活用法 単著 聖徳大学大学院音楽文化研究科

◆CD
2005年「おやすみ」(ユニーバーサル・ミュージック)
2006年「あしたのうた」(ナミ・レコード)
2011年「碧のイタリア歌曲」(オクタビア・レコード)
2017年「うたうたう 信長貴富歌曲集」(オクタビア・レコード)
2018年モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」全曲(オクタビア・レコード)  など

◆著書
2007年「宮本益光とオペラへ行こう」
2009年「あしたのうた」(楽譜・作詞)
2011年「もしも歌がなかったら」(詩集)
2011年「歌いたがりの歌の歌」
2012年「うたうたう」(楽譜・作詞)
2017年「にじのソネット」(楽譜・作詞)
2017年「樹形図」(詩集)  など

◆音楽活動
主なオペラ出演歴は東京室内歌劇場「欲望という名の電車」(日本初演)、びわ湖ホール「ラ・ボエーム」、二期会「ドン・ジョヴァンニ」「金閣寺」、新国立劇場「鹿鳴館」「夜叉が池」「蝶々夫人」、日生劇場「オルフェオとエウリディーチェ」「メデア」、神奈川県民ホール「魔笛」「金閣寺」など。オーケストラとの共演、リサイタルも数多い。

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門