HOME > 教員紹介 > 教員プロフィール(神谷 美千子)

教員プロフィール(神谷 美千子)

神谷 美千子(かみや みちこ)

神谷美千子
所属:
桐朋学園大学
職名:
准教授
担当:
ヴァイオリン
学位等:
学位なし(桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコース修了)

プロフィール

桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコースを修了後、ジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイ女史に学び、その後ロンドンにてジョルジュ・パウク氏の個人指導を受ける。
パガニーニ国際コンクール第2位、インディアナポリス国際コンクール入賞など、数々のコンクールで受賞し、97年にはハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクールで日本人として初優勝し、内外において大きな注目を集める。
NaxosレーベルよりリサイタルプログラムCDをワールドリリースし、海外の各誌や音楽誌に絶賛される。

11歳で名古屋フィルと共演し、以後N響をはじめとする国内の主要オーケストラと共演した他、ロンドンフィル、北ドイツ放送響、ストックホルム室内管弦楽団、南西ドイツ・フィルハーモニー交響楽団、ニュージーランド交響楽団、シンガポール交響楽団ほか多くの内外のオーケストラにソリストとして迎えられている。
2000年には、トヨタ・ミレニウム・コンサートにて、ウィーン・フィルメンバーと日本ツアーを行い好評を博す。同年、「セブン・スターズ」にて、チョン・ミョンフン、樫本大進らと室内楽で共演、日本と韓国で演奏会に出演する。
指揮者では、シャルル・デュトワ、チョン・ミョンフン、ルドルフ・バルシャイ等と共演、また室内楽への取り組みも意欲的で、ダヴィッド・ゲリンガス、レイモンド・レッパード、レジス・パスキエ、原田幸一郎、野島稔、磯村和英、毛利伯郎、竹澤恭子などの著名な音楽家との共演も多い。
アスペン、ヴェルビエ、クフモ、ラヴィニア等世界各地の音楽祭にも多数参加。指導者としても幅を広げ、パリ・エコール・ノルマル音楽院にて教鞭をとり、また日本音楽コンクールの審査員や、2014年からは毎夏、いしかわミュージックアカデミーの講師も務めている。

これまでに久保田良作、原田幸一郎、川崎雅夫、ドロシー・ディレイ、ジョルジュ・パウクの各氏に師事、室内楽を店村眞積、三善晃の各氏と東京カルテットに師事。

主な教育研究業績

◆ 受賞歴
1992年 パガニーニ国際ヴァイオリンコンクール 第2位
1994年 インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール 第5位
1997年 ハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクール 優勝
◆ CDリリース
「Michiko Kamiya Violin Recital」NAXOS
◆ コンクール審査員
2009年 第78回 日本音楽コンクール ヴァイオリン部門
2010年 第79回 日本音楽コンクール ヴァイオリン部門
2017年 第4回 桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール ヴァイオリン部門
2018年 第87回 日本音楽コンクール ヴァイオリン部門 
2019年 第88回 日本音楽コンクール ヴァイオリン部門
2019年 第6回 桐朋学園全国ジュニア音楽コンクール ヴァイオリン部門
2020年 第30回日本クラシック音楽コンクール ヴァイオリン部門 
2021年 第90回日本音楽コンクール ヴァイオリン部門
2022年 第91回日本音楽コンクール ヴァイオリン部門

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門