HOME > 教員紹介 > 教員プロフィール(廻 由美子)

教員プロフィール(廻 由美子)

廻 由美子 (めぐり ゆみこ)

廻+由美子+写真
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
担当:
ピアノ
学位等:
芸術学士

プロフィール

桐朋学園高校音楽科を経て桐朋学園大学ピアノ科を卒業後、アメリカへ渡りインディアナ大学音楽学部アーティスト・ディプロマ・コースにてジョルジュ・シェベックに学ぶ。帰国し、活発なる演奏活動を展開。行われたリサイタルの多数が「音楽の友」誌上で「年間コンサートベストテン」に選ばれる。オーケストラのソリストとして、数々のオーケストラに招かれて共演。
作品への深い理解から来る圧倒的な表現力、生命感溢れるリズム感は、様々なジャンルのアーティストにもインスピレーションを与え続けている。

レコーディング活動の分野では、バッハ、ハイドンなどの古典からバルトーク、ストラヴィンスキー、武満徹、ジョージ・クラムなどの近・現代音楽、また、ジャズ・アレンジに至るまで、これまで20枚近くに及ぶアルバムをリリースし、その数多くが「レコード芸術」誌上で「特選盤」に選ばれる。「バルトーク/二台のピアノと打楽器のためのソナタ」のアルバムは、全米でリリース。作曲家との交流も深く、原田敬子、権代敦彦、鷹羽弘晃、Bruce Stark, Andras Hamary, Hope Leeなどの作品を世界初演、再演している。
また、シュテファン・フッソング(acc)とセッションを組んだ原田敬子作品集のアルバムは、2014年にドイツのWERGOと日本のキング・インターナショナルでリリースされ、ドイツ、日本の各メディアで高い評価を得、「レコード芸術アカデミー賞」にノミネートされる。2017年にはカリン・レヴィン(fl)らと組んだ原田敬子作品のデュオ・アルバムがWERGOより第2弾がリリースされ、2018年には日本のキング・インターナショナルからもリリース。

執筆活動、楽譜校訂なども盛んであり、ガーシュインの「ソング・ブック」「ラプソディー・イン・ブルー」の校訂は版を重ねている。「ぶらあぼ」誌上での連載「メグリンのHappy tune」は100回以上続き、大好評を博した。2007年より年2回企画運営している「テッセラ音楽祭・新しい耳」は個性派音楽祭としてますます注目されており、ドイツの音楽雑誌でも大きく紹介された。
近年はドイツ、カナダ、イタリアなどの現代音楽祭に招待されており、海外の作曲家との交流もさらに広がっている。2018〜2019のシーズンは台湾生まれでカナダの作曲家・Hope・Leeとの共同プロジェクトで、コンサートやCD録音が決まっている。

また、日本の島々に存在する音楽の研究・創作・発信プロジェクト「伝統の身体・創造の呼吸(原田敬子代表)」のメンバーであり、2015年の鹿児島公演を皮切りに活動。2018年には喜界島でのイベントが行われた。

廻 由美子 オフィシャルサイト Yumiko MEGURI Official Website (外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

テッセラ音楽祭「新しい耳」公式HP Tessera "New Ears" Festival Website  (外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

伝統の身体・創造の呼吸 公式HP (外部リンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

2020年の主なる活動

10月 
公開レッスン 桐朋学園子供のための音楽教室・茨木教室

11月
テッセラ音楽祭 第27回「新しい耳」第2夜 【田中信正 × 廻 由美子〜春の祭典】 会場「サロン・テッセラ」

2021年3月
小倉美春:「3台のピアノのための『環』」世界初演・動画収録
その他 ライブ等

最近の演奏会批評

サントリー芸術財団 「作曲家の個展2015」 Mercure des Arts 批評このリンクは別ウィンドウで開きます

サントリー芸術財団 「作曲家の個展2015」 平井 洋 の音楽現場通信このリンクは別ウィンドウで開きます

近年の国内に於ける主なる活動状況

・年2回プロデュース公演の「テッセラ音楽祭・新しい耳」が2020年11月で13年目となり、第26回目をむかえる。

・2016年 4月3日/「高橋悠治・ソングブック」
共演:波多野睦美(Ms)
会場:東京オペラシティ・リサイタルホール / プログラム 高橋悠治:「めをとうし」他

・2016年5月21日/「テッセラ音楽祭・新しい耳」第2夜~共振~
共演:天羽明恵(Sop)、安江佐和子(Perc)
プログラム リゲティ:「マカーブルの秘密」他

・2016年10月20日/「波多野睦美・歌曲の変容シリーズ 第11回」
共演:波多野睦美(Ms)、シャオ・マ(カウンターテナー)

・2016年11月5日/「テッセラ音楽祭・新しい耳」第2夜
共演:シュテファン・フッソング(Acc)
プログラム ホープ・リー、デイヴィッド・イーグル.原田敬子作品の世界初演他

・2017年5月19日/テッセラの春・第20回音楽祭「新しい耳」第1夜〜マジカル・ミュージック・ツアー〜
共演:HISASHI(vo)共演:HISASHI(vo)
T.S.エリオットのポエトリー・リーディングとの即興演奏 他

・2017年5月21日/テッセラの春・第20回音楽祭「新しい耳」第3夜〜北爪道夫の耳〜

・2017年7月25日/トリオ・ライブ  沢田穣治:「アズール」、即興演奏 他 共演:沢田穣治(cb) 沼直也(ds)

・2017年11月4日/テッセラの秋・第21回音楽祭「新しい耳」第2夜〜グレの歌〜  シェーンベルク:「グレの歌」第1部 共演:工藤あかね(sop)

・2017年11月10日/「架空庭園の書」〜内藤明美メゾソプラノ・リサイタル24(平成29年度文化庁芸術祭参加公演)

・2017年12月8日/トリオ・ライブ  沢田穣治作品、バッハ、および即興演奏 共演:沢田穣治(cb)、沼直也(ds)

・2017年12月18日/DOMMUNE ✖ RE-CLASSIC STUDIES パネルディスカッション 共パネラー:川上統 オノ・セイゲン 他

近年の海外に於ける主なる活動状況

2013年6月7,8,9日/ヴュルツブルグ音楽大学(ドイツ)に於いて
「廻 由美子、トーマス・ヘル」共同マスタークラス(公開レッスン)

2013年6月10日/ヴュルツブルグ音楽大学主催 現代音楽シリーズ・コンサート「廻 由美子 & トーマス・ヘル」
プログラム:アンドラーシュ・ハマリー(2台ピアノ・世界初演)、リゲティ他

2014年1月25日/カルガリー大学(カナダ)主催の音楽祭「ディスカバリー・シリーズ」コンサート
「廻 由美子 & シュテファン・フッソング」
プログラム:ホープ・リー、ディヴィッド・イーグル、原田敬子他

2014年5月21日/ラティーナ音楽院(イタリア)「オットリーノ・レスピーギ」主催の現代音楽祭でのコンサート
「廻 由美子 & シュテファン・フッソング」
プログラム:ホープ・リー、ディヴィッド・イーグル、原田敬子他

2015年5月6日/クリンゲンタール(ドイツ)音楽祭
「廻 由美子 & シュテファン・フッソング」コンサート
プログラム:原田敬子、ピアソラ、バッハ=クルターク他

2016年4月/ドイツ、ブレーメン放送局スタジオにおけるCDレコーディング
原田敬子ポートレートCD「midstream」
プロデュース:WERGO社(ドイツ)/ カリン・レヴァイン
共演者:
カリン・レヴァイン(Fl)/マイク・スヴォボダ(Tromb)/ユルゲン・リュック(Guit)/シュテファン・フッソング(Acc)/ 菊地奈緒子(琴)

Yumiko MEGURI (Pianist)

After completing her studies at Toho Gakuen Music High School and receiving a bachelor's degree (piano major) from Toho Gakuen College of Music in Tokyo, Meguri furthered her studies with Prof. György Sebök at Indiana University (United States), from which she received an Artist Diploma with the highest distinction. Upon returning to Tokyo, Japan, she performs actively as a pianist. In addition, most of her recitals were selected as "Best 10 concerts of the year" by "Ongaku no Tomo" (highly acclaimed music magazine in Japan). She has been invited as a soloist to perform with Nagoya Philharmonic Orchestra, Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, New Japan Philharmonic Orchestra, All Japan Symphony, Tokyo Philharmonic Orchestra, and more. Her deep understanding towards the music brings overwhelming expression's strength, and the sense of rhythm with overflowing liveliness which she continuously giving inspirations to artistes from various genres.

In term of recordings, Meguri has about 20 albums released, ranging from Bach, Hadyn to Bartók, Stravinsky, Takemitsu, G.Crumb, Keiko harada and more. Besides Western classical music, modern, and contemporary music, she has also released music with Jazz arrangement. Most of her albums were named "Best Album" by "The Record Geijutsu", a long running classical music recording magazine in Japan. In addition, the album "Bartók : Sonata for 2 pianos and percussion" is being released throughout United States. Furthermore, Meguri works closely with composers, such as Keiko Harada, Atsuhiko Gondai, Bruce Stark, Andras Hamary, Hope Lee, and more, to perform (including world premieres) newly composed pieces. In 2014, the portrait album of Keiko Harada (composer) has been released under WERGO (Germany) and King International (Japan), in which Meguri collaborates with
Stefan Hussong(accordionist). This album received many positive reviews in both countries, and was nominated for "Recording Academy Awards (Japan)". Also, the second album under WERGO was released in 2017 received critical acclaim.

Besides that, Meguri is also active as a writer and an editor for music scores. Since 2007,  she started to produce a music festival called "New Ears", that runs twice a year at “Salon Tessera” in Tokyo. The festival is gaining more attentions due to its uniqueness in programming and was being introduced largely in the "Neue Zeitschrift für Musik" (Germany, music magazine). In the Festival, nearly 20 of new pieces ware world premiered. In recent years, Meguri has been invited to perform in various contemporary music festivals held in Germany, Canada, Italy, Taiwan and so on. Her exchanges with international composers is also widening.
Currently, Meguri is teaching as a professor at Toho Gakuen College of Music.

HP: yumikomeguri.com
HP: atarashii-mimi.com

Recent activities

“Tessera Music Festival  Atarashii-Mimi“ produced by Meguri has been held twice a year in Tokyo since 2007.

2015, 3/July
“Morning Jazz”~Mutsumi Hatano(Ms)& Yumiko Meguri
Venue: Luther Ichigaya Center in Tokyo
Program
Gershwin, Cole Poter, etc (arr.by Yumiko Meguri)

2015, 27/Oct
“Composer’s portrait 2015 – Keiko Harada”
Piano concerto(2013~15 world premiere)
Cond.: Ken-ichi Nakagawa
Piano: Yumiko Meguri
Orch. Toho-Gakuen Orch. Plus Ensemble Modern
Venue: Suntory Main Hall/Organizer : Suntory Foundation for Arts

2015, 29/Oct
Tradition in Body and Creativity in Breathing
Keiko Harada (comp), Nomitsu Kamikawaji (Satsuma Biwa), JOU(Dance)
Stefan Hussong (Acc),Yumiko Meguri (Pf)

2015, 6/Nov
Schoenberg and his pupil~pierrot Lunaire
Akemi Naito(Ms), Yumiko Meguri (Pf)
Venue: Tokyo Opra-City Recital Hall

2015, 14/Nov
Tessera Music Festival  "Atarashii-Mimi"
The 2nd Evening
“Spanish Soul”
Takamitsu Ishizuka(Vo)  SAYAKA(vn)  Yumiko Meguri(pf)
Venue: Salon Tessera

2016, 3/May
Program: de Falla, Ginastera, Noshi Kukiyama (world premiere) ,
"Yuji Takahashi ~ Song Book"
Mutsumi Hatano(Ms)  Yumiko Meguri (Pf)

2016,21/May
Tessera Music Festival  "Atarashii-Mimi"
The 2nd Evening
Akie Amou (sop)  Sawako Yasye (Perc)  Yumiko Meguri(Pf)
Program
Ligeti: Misteries of the Macabre

2016,4/Nov
Tessera Music Festival "Atarashii-Mimi"
The 2nd Evening
Stefan Hussong(Acc) & Yumiko Meguri
Hope Lee(world premiere), David Eagle(world premiere), Keiko Harada  (world premiere)

Recent international activities

2013, 7-9/June
Hochschule fur Musik Wurzburg,Germany
“Yumiko Meguri & Thomas Hell” master class

2013. 19/June
Hochschule fur Musik Wurzburg,Germany
New Music series
“Yumiko Meguri & Thomas Hell” concert
Program: Andras Hamry (world premiere), Ligeti, Keiko Harada etc,

2014, 25/Jan.
University of Calgary ,Canada Discovery Series and Forum 2014- Canadian New Music Network
“ Yumiko Meguri & Stefan Hussong” concert
Program: Keiko Harada, Hope Lee, David Eagle etc.

2013 ,11/May
Conservatorio statele Musica Latina Ottrino Respigi, Italy
Le forme del suono-misiche della contemporaneita
“ Yumiko Meguri & Stefan Hussong” concert
Program: Keiko Harada, Hope Lee, David Eagle etc.

2015,6/May
Berufs und Berufsfachschule fur Musikinsurumentenbau,
Klingenthal,Germany
“ Yumiko Meguri & Stefan Hussong~ Duo F.Fragments”
Program: Keiko Harada, Piazzolla, Bach etc.

2016,5~9/April
New CD Recording @Radio Bremen,Germany
Keiko Harada “midstream”
Other musiciens;
Carin Levine(Fl) / Mike Svoboda(Tromb) / Juergen Ruck (Guit) /
Stefan Hussong (Acc) / Naoko Kikuchi (Koto)
Producers; WERGO & Carin Levine

2016,Dec,
 Several concerts are scheduled in Taipei, Taiwan in Dec.2016.

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門