HOME > 教員紹介 > 教員プロフィール(仲道 郁代)

教員プロフィール(仲道 郁代)

仲道 郁代(なかみち いくよ)

仲道郁代
所属:
桐朋学園大学
職名:
教授
専門:
ピアノ
学位等:
ミュンヘン国立音楽大学 大学院クラス卒業

プロフィール

 4歳からピアノを始める。桐朋学園大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位、増沢賞を受賞。文化庁在外研修員としてミュンヘン国立音楽大学に留学。ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位メンデルスゾーン賞、エリザベート王妃国際音楽コンクール第5位と受賞を重ね、以後ヨーロッパと日本で本格的な演奏活動を開始。88年に村松賞、93年にモービル音楽奨励賞を受賞。古典派からロマン派まで幅広いレパートリーを持ち、これまでに日本の主要オーケストラはもとより、海外のオーケストラとの共演も数多く、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして活動している。
 これまでにサラステ指揮フィンランド放送交響楽団、マゼール指揮ピッツバーグ交響楽団、バイエルン放送交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ズッカーマン指揮イギリス室内管弦楽団(ECO)、フリューベック・デ・ブルゴス指揮ベルリン放送交響楽団、P.ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団などのソリストとして迎えられ高い評価を得ている。また、99年にはカーネギーホールでリサイタル・デビュー、2001年にはサンクトペテルブルグ、ベルリン・フィルハーモニーホールでコンチェルト・デビュー。05年には、英国チャールズ皇太子夫妻ご臨席のもとウィンザー城で行われたイギリス室内管弦楽団(ECO)主催の「結婚祝祭コンサート」に出演し絶賛された。室内楽ではストルツマン、ハーゲン弦楽四重奏団、ブランディス弦楽四重奏団、ベルリン・フィル八重奏団等と日本ツアーを行い、いずれも好評を博す。
2018年よりベートーヴェン没後200周年の2027年に向けて「仲道郁代Road to 2027プロジェクト」をスタートし、リサイタルシリーズを展開中。近年では、ホールと連携し、地域の小学校へのアウトリーチ活動を行い、音楽ワークショップも全国各地で実施している。
現在、一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、大阪音楽大学特任教授。2012年より桐朋学園大学教授。

http://www.ikuyo-nakamichi.com 仲道郁代オフィシャル・ホームページ(外部リンク)

主な教育研究業績

◆著書
 CDでわかる ピアノの名器と名曲/編著/2009.1/ナツメ社
 CDでわかる ショパン鍵盤のミステリー/編著/2010.3/ナツメ社
 CDでわかる ベートーヴェン鍵盤の宇宙/編著/2012.3/ナツメ社
 ピアニストはおもしろい/2015.2.10/春秋社  他

◆学会・研究会等での発表・講演等
 教育と芸術との関係について/単独/2013.9.24/文部科学省文化審議会第11期文化政策部会(第三回)での発表 他

◆音楽活動
 仲道郁代 オール・モーツァルト・プログラム/2013.2.17/サントリーホール 共演:神戸市室内合奏団 他多数

◆受賞
 1982.10/第51回日本音楽コンクールピアノ部門 優勝 及び 増沢賞受賞
 1986.9/第42回ジュネーヴ国際音楽コンクール 第3位(最高位)受賞
 1987.5/エリザベート王妃国際コンクール 第5位入賞  他

◆CDリリース
   2012.12.5/プレイズ・ベートーヴェン [ベスト・クラシック100]
   2013.9.25/モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集(CD6枚組)
   2016.2.3/ショパン:ワルツ
   2016.9.21/永遠のショパン
   2017.9.27/シューマン:ファンタジー    他多数

 

このページのTOPへ

桐朋学園音楽部門